スタッフの矯正体験ブログ

インビザラインが届きました!

こんにちは、江南市すぎもと歯科の歯科衛生士の味藤です。
最近は朝と夜、急に寒くなり秋らしくなってきましたね。

待ちに待ったインビザラインが届きました.

そしてこれからはインビザラインを始めるための下準備をしていきます。

今回はIPRと呼ばれる歯を削ることを行いました。私の治療計画では歯を並べるためのスペースが少ないため、多く削る必要があります。
ですが、一度に削ってしまうと一時的にしみやすくなる・・と言うことで
2回に分けて削ることになりました。

多く削ると言っても最大0.5ミリなので、ずっとしみたりする心配は無いそうです!
ヤスリを使い少しずつ隙間を作っていきます。
専用の器械は振動がありブルブルするものの痛みはありませんでした。

削ったあとしみやすいと院長からも言われていましたが、幸い私はしみることはなかったです。

今までなかった隙間ができたことで、物が挟まりやすくなりました。こまめにフロスを通していこうと思います。

今回は0.2ミリほど削り、次回残りを削っていきます。

治療計画が届きました!

皆さんこんにちは、
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の味藤です。

前回取った型が無事アメリカに送られ、先日インビザラインでの治療計画が送られてきました。

治療計画はパソコンで見ることができます。治療前と治療後の歯の動きを動画で見ることができ、とても分かりやすく見ることができました。

わたしの場合は、14個のアライナーを使用することで矯正していくことになるようです。
アライナーは2週間で交換していくので、順調にいけば約7ヶ月で歯並びが整うそうです。

もし14個で歯が並び切らない場合は、追加でアライナーを作成することができます。その後、歯の後戻りを防ぐために保定という期間も必要ですが、思ったより短い期間で矯正できることに驚きました。

この治療計画でわかるのは、おおよその期間だけでなく歯を並べるためにIPRと呼ばれる歯を少しヤスリで削るのですがどれだけ削るのか、アタッチメントと呼ばれる歯につけるものの場所や個数もわかりました。

わたしの場合は、並べるスペースが少ないので少し多めに削る必要があるそうです。また、アタッチメントをつける時期もその人によって違うそうです!

治療計画が届いて約2週間後にアライナーが届くそうです。
アタッチメントや
IPR歯を削るのはアライナーが届いてから行います。後は届くのを待つだけなので楽しみに待とうと思います。

歯型は海を越えてアメリカへ

こんにちは。
江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の味藤です。

矯正検査も終わりいよいよインビザライン 矯正の準備段階に入りました。

インビザラインは歯科医院でインビザライン 専用の型取りをして、その型をアメリカへと送ります。
アメリカにて矯正終了までのシュミレーションを行い、患者さんの治療計画を立てます。
その計画に合わせ矯正終了までのマウスピースが作られ、アメリカから出来上がったアライナーと呼ばれるマウスピースが歯科医院に送られて来て、そこから矯正が始まると言った流れです。

その準備として先日インビザライン型取りを行いました。

矯正検査や普段の治療などで使うピンク色の材料ではなく、さらに精度の高いシリコン印象というものをしました。

普段使っているアルジネートと呼ばれるピンク色のでは何度か型取りした経験がありますがシリコンの型取りは初めてでした!
インビザライン専用のトレーを使いまずは青いシリコンの粘土のようなもので1回目の型取りで大まかな型を取ります。

その後もっと柔らかいシリコンの材料を1回目で採った型に流し込み2回目の型取りを行います。

普段使っている材料とは違い固まるまで時間がかかりました。味は少し苦く感じましたがきれいに撮ることができました!
噛み合わせで使うのも矯正検査の時とは違う材料で噛み合わせもとりました!

型取りした物をアメリカに送ります!
1〜2週間ほどしてアメリカから治療計画のシュミレーションのデータが送られてくるそうです!

わたしの採った型が海を越えアメリカまで運ばれると思うと、不思議な感じがしますがどんな治療計画になるのか楽しみです!

上前歯にブラケットがつきました

皆さんこんにちは!
江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の山本です!

前回お伝えさせて頂きましたが、私は今月から「ブラケット矯正」を始めることになりました。
私は上下の前歯6本ずつだけを矯正する「部分矯正」を行うので 矯正を始める前の時間はそれ程かからず、矯正検査をしてからすぐに矯正治療を始めることができました。

今日の矯正治療でしていただいたことは、まず上の前歯6本にだけブラケットをつけました。

私は上の歯と下の歯の噛み合わせが深いため、今のままでは下の歯にブラケットをつけることができません。
そこでまず、上の歯にブラケットをつけて歯を上に引っ張りながら綺麗に並べていきます。そして噛み合わせを正常な位置にしていきます。

2~3回ほど上の歯のワイヤーを付け替えて噛み合わせが正常になったら、下の歯にもブラケットをつけて行く予定とのことです。

実際にブラケットとワイヤーをつけてみて感じたことは、やはり歯が引っ張られている痛みはあります。
ブラケットをつけた日の夕方ぐらいから段々と痛みを感じるようになり、2日目が一番痛みを感じました (T~T;。)イタッ

ですが、3日目あたりからは痛みも徐々に引いていき、今はそこまで強い痛みはないです。
やはり矯正というのは痛みを伴いますが、私は歯が動いてくれているのを感じられ、むしろ嬉しく思います。

ブラケットも私が小学生の頃に矯正をしていた頃はまだ銀色の金属が主流で、それをつけていたため見た目がやはり少し気になってはいました。
今はセラミックの白いブラケットも主流になってきたので、今回は私も白いブラケットを選びました
すごく歯の色と馴染むので見た目もそれほど気にならず、とても嬉しいです
お値段は少し変わりますが見た目を気にされる場合は白いタイプのものにして頂くと良いのではないと思います。

また来月、院長にワイヤーの調節をして頂く予定です。
今歯が少し動いている感覚があるので、これから歯並びが変わっていくのを見るのがとても楽しみです。
次回もまた、よろしくお願い致します。

 

下の前歯が整ってきました!

皆さんこんにちは!すぎもと歯科受付・水野です。
9月終わりに近づき、だんだんと涼しくなってきましたね!
朝夜と昼間で気温差があるので着るものなどに気をつけて、体調を崩さないようにしましょうね!

さて今回もいつもの調整を行なって頂きました。
右上の抜歯した後の隙間が閉じたのに続いて、左上の抜歯した後の隙間も完全に閉じました!
その分前から2,3番目の歯の隙間がある状態なのでだんだんと後ろに動いていく流れとなります。

下の歯列は、元々前から2番目の歯が左右2本とも後ろに引っ込んでいた状態だったのですが、どちらも前に出てきて整った並びになりました

今年 5月 の状態   ⇒  4ヶ月後 今日 の状態です。

下の抜歯をした隙間はまだ閉じていないので、前回より太いワイヤーに交換して頂き引き続き整えていく流れとなります。

また、調整を行なって数日後に右下奥の歯茎が腫れてしまう…ということがありました(>_<)
原因は奥歯の虫歯、もしくは埋まっている親知らずが動いてきていることによるものだと考えられるそうです。

磨きにくいところはついサボってしまいがちですが、虫歯ができてしまうと矯正治療にも影響が出てきてしまうので虫歯ができないように奥歯や歯の間などはいつも以上に入念に歯磨きを行なおうと改めて感じました。

ところで、今月から すぎもと歯科の歯科衛生士2名も 院長に矯正治療をしていただくことになりました。
一人は私と同じように、ワイヤーを使った「ブラケット矯正」ですが、もう1名はマウスピースを使った「インビザライン」という矯正になります。
私同様、ブログでその過程を書いていくことになりましたので、どうぞご期待下さい!

矯正検査を行いました。

江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の味藤です。

先日『矯正検査』を行いました!
矯正検査では
レントゲン撮影 顔の写真撮影 口腔内の撮影 模型の印象
  の4つを行なっていきます
レントゲン撮影では正面と横からの2つのパターンで撮影します

レントゲンを撮ることによってお口の中を見るだけではわからない骨の状態や虫歯の進行、埋まっている歯など見ることができます。

私は学生時代に親知らずを抜いており虫歯もなく問題ないとのことでした!

顔の写真撮影では正面だけでなく横から撮ったりと様々な角度から撮影していきます。
真顔や笑顔など表情も変化させてとります。いざ撮影で笑顔でと言われて少し引きつった笑顔になってしまいました。
口腔内の写真撮影ではお口を広げる器具を使ってさまざまな角度から撮影していきます。この時患者さんにもお顔を傾けていただいたりとお手伝いもしていただいています。

真横からの写真を撮ると、思っていたよりも前歯が出ているのに驚きました!

模型の印象では型を取る専用のピンクの粘土のようなもので型をとっていきます。

以前矯正していた時も 型取りしましたが、型を取られるのは何度やっても慣れないです。
型取りのポイントは鼻呼吸をしてリラックスすることです!

この4つの検査を30分ほどで行いました。

3週間後に結果が出るとのことです。そのあと矯正説明へと移っていきます!

矯正相談を受けました♪

こんにちは、
江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の味藤です

早速ですが今回は矯正相談について説明します

矯正相談ではまず矯正医である院長に、歯並びについての悩みや矯正についての本人や家族の希望などを聞いていただきます。
その後、実際に口の中を見て矯正が本当に必要なのかどうか、どのような矯正が適しているのか、そしてどんな流れになるのかについて、説明していただきます。
そして、詳しく知りたいことや疑問に思うことなどを相談したりします。

私はワイヤーの矯正ではなく『インビザライン』を元々やってみたいと思っていましたので、今の私の歯並びはインビザラインで 矯正することができるのかどうか?を、院長に相談しました。

小さい頃矯正していたこともあり、少し歯並びがガタガタしているだけなので『インビザラインで治すことができる』と、言っていただきホッとしました(*´∀`)
さらに、歯並びの悪さも軽度なので、『比較的短期間で矯正できるのではないか』ということも言ってくださいました。

私の場合は幸い適応症でしたが、インビザラインは歯並びによってできない場合もありますので、興味がある方は是非『矯正相談』を受けてみてください。 

マウスピース矯正を始めます!

こんにちは!
江南市すぎもと歯科・歯科衛生士の味藤です

今月から院長にお願いして『矯正治療』をしていただくことになりました!

私が始める矯正治療は、ブラケット装置とよばれる ワイヤーを貼り付ける矯正ではなく、インビザラインという『マウスピース』を使って行う矯正治療になります!

実は私は小学生のとき、『拡大床』という装置を使って顎を広げる矯正をしていました。
その後、二期治療が必要と言われ、ワイヤーを使った矯正(ブラケット矯正)を勧められましたが、金具を貼り付ける・・という見た目の悪さのイメージが強く、そのまま矯正をやめてしまったという、過去があります(´Д`;)ノ

今思えば、それまでの矯正治療を無駄にしてしまう・・とてももったいないことをしてしまった(´・ω・`)と後悔していますが・・・。

そのために、拡大床でスペースはできていたものの、少し前歯がガタガタしてきたのがずっと気になっていました。
歯科衛生士になってから、ワイヤーを使わなくてもできる『マウスピースでの目立たない矯正治療』があることを知りました
また実際にインビザライン矯正を行う患者さんの様子も目にし、「これだったらやってみたいな!!」と思うようになりました。

ただ、マウスピース矯正は、どんな歯並びでもできるのかと言うとそうではありません。
矯正相談の結果、幸いなことに私は適応症であると院長に言っていただけたので『インビザラインでの矯正』をお願いすることにしました。
このブログを通じて『マウスピース矯正・インビザライン』という矯正はどのようなものか、どのように進めていくのかなどを、矯正をお考えの皆さんにお伝えしていけたら・・と思います!
どうぞ、よろしくお願いいたします。

私も矯正治療を始めることになりました!

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科、歯科衛生士の山本です
日中はまだ暑い日が続いていますが、朝晩はすっかり涼しくなり秋の虫も鳴くようになりましたね。寒暖差で体調を崩さないように気をつけていきましょう。
さてそんな中私は、今月から『矯正治療』を始めることになりました。
実は私には矯正治療の経験があります!
それは小学生の頃になりますが、上の前歯6本の矯正をしていました。
前歯だけの「部分矯正」ということになりますね。
それなのになぜ?もう一度、矯正を始めることにしたのか・・・今回はそのお話をさせて頂きます。
私が矯正を始めようと思った理由が大きく分けて2つあります!
理由その1・・・せっかく矯正したのに。。
下の前歯が叢生(歯が重なって生えている状態)になってしまい、その結果 せっかく矯正をした上の前歯の歯並びがまた悪くなってきてしまったのです(´・ω・`)
小学生の時の私は、上の前歯6本の矯正をしましたが下の前歯は何もしませんでした。
元々顎が小さかったこともあり、永久歯がかなり重なって状態で生えています。
そのまま噛み続けた結果、長い年月をかけて少しずつ上の前歯の歯並びを変えてしまい、せっかく矯正をした上の前歯の歯並びまでが悪くなってきています。
理由その2・・・歯周病予防のために。。
下の前歯が叢生のため歯石がたまりやすく、さらに歯ブラシの毛先が届きにくいため、フロスを通していても、どうしても汚れが残りやすくなります。
やはり 下の歯も歯並びが良いほうが清掃しやすいです。
将来の歯周病予防のためにも上下とも、歯磨きもしやすく 汚れも溜まりにくい,きれいな歯並びにしていきたい!

ということで、経験豊かな矯正医である院長にお願いをしたところ、『いいですよ、すぐ始めましょう!』と言ってくださり、早速 矯正検査を始めくださいましたo(^▽^)o

今回、私は上の前歯6本と下の前歯6本の矯正を行う予定です!
また矯正治療の過程などをこちらのページでご紹介させて頂きます、何か皆さんの参考になることがあればと思いますのでよろしくお願い致します。

虫歯予防に「フッ素洗口液」を!

皆さんこんにちは!
江南市すぎもと歯科・受付の水野です

お盆が過ぎ、朝夕は特に少し涼しく感じられる季節になりましたね。
台風が続いて天気が崩れやすいので、天気予報を毎日よく見てお出かけの時は気をつけましょう!

さて今回はいつも通りの調整を行っていただきました。

下の抜歯をしたところがだんだんと閉じてきていますが、まだ隙間がある状態なので 新しいワイヤーに換えてもらい 引き続き下の歯列を整えていくことになりました。
もう少し下の歯列が整ったら、上の歯列と合わせて調整を行っていく流れになるそうです。

はじめて装置をつけてから1年が経ったので慣れてきたからか、毎月の調整後の痛みがあまり感じないようになってきました!

とはいえ、調整した直後から数時間たつと『じわじわっ』とした痛みはある状態です。まだまだ治療は続くので頑張っていきます

ブラケットをつけていると歯みがきが大変…と感じますよね。
特に装置が付いている歯の表面やバンド(ブラケットを固定している奥歯の金具)付近は磨き残しが多く、虫歯になってしまうことも…。

そんなときは『フッ素洗口液』がおすすめです
虫歯を防ぐフッ素成分が多く含まれている洗口液で、歯磨き後にうがいをするだけで虫歯予防になります。
年齢によって原液を水で薄めたり、そのまま使ったりと、使い分けることができるので、小さなお子さんから大人の方までご家族皆さんで使っていただけます。
すぎもと歯科では、受付で販売していますので気になる方はぜひぜひお声かけ下さいね!

以前紹介した歯間ブラシやフロスなどと一緒に、毎日の歯磨きにプラスしてみてください☆彡

1年が経ちました(*´∀`)

皆さん、こんにちは!江南市すぎもと歯科✿受付の水野です。

7月も終わりに近づき、いよいよ夏休みですね!
お子さんたちは、ほとんどが今週から夏休みが始まっているのではないでしょうか。

遊びやお出かけの機会が増えると思いますが、熱中症などに気を付けて水分補給や規則正しい生活で、健康に楽しい夏休み過ごしてくださいね! 
また暑くなると口にすることが多くなる冷たい飲み物・スポーツ飲料には、かなりの砂糖分が含まれているものが多数あり、虫歯の原因となっています。
水分補給は水か麦茶で摂るよう心がけましょう! 

さて、去年の7月から矯正治療を始めましたので
 今月でちょうど1年が経ちました☆.。.:*・

あっという間の1年でしたが、装置をつける前のころに比べて歯列がとても整ってきていて、本当に嬉しいです!

院長からも『順調に治ってきていますね、』と言っていただけました o(^▽^)o

以前気になっていた、出っ歯による隣の歯との段差は今はほとんど気にならなくなりました。
抜歯したスペースが埋まってきていて、その隣の歯が後ろへ動いているので所々に隙間がある状態です。

下の抜歯したところがまだ隙間があるので、だんだんワイヤーを太くしてもらい、下の歯列を中心に整えていく流れになるそうです。

今後もよりよい歯列になるように治療や歯みがきをがんばっていきます!!

フロス・歯間ブラシも使い分けて

皆さんこんにちは、すぎもと歯科受付・水野です!
梅雨に入り雨の日が増え,蒸し暑い日が続いてますね(/ω\*)
植物にとっては恵みの雨ですが、じめじめと過ごしづらい季節ですので、いつも以上にお口の中はすっきりと健康に過ごしていきたいですね!

さて今回の矯正では、まず下の歯列を診て頂きました。

後ろに引っ込んでいた2番目の歯が徐々に前に出てきているので、今回はワイヤーを新しいものに換えて頂きました。
前回までは特に動いてほしい歯の部分のワイヤーが二重になっていたのですが、今回は全体に1本新しいワイヤーを付けて頂きました!

代わりに前回よりきつめに締めて頂いたので、引き続き抜歯した隙間が閉じていくようにしていくそうです。
上の歯は下の歯の経過に合わせたいので奥歯のゴムの交換のみを行いました。

抜歯してから1年弱が経ち、左上の抜歯した隙間が完全に閉じました!その他の隙間も閉じていくように今後も様子見とのことです。

また、歯間ブラシ」フロス」についてもお話がありました。

それぞれの特性についてですが、歯間ブラシは隙間の大きな部分(抜歯後など)や、歯の表面に装置が付いている部分などに適しています。

フロス
は歯間の隙間がせまい部分に適しています。
ただし、矯正のワイヤーの下にフロスを通す必要がありますので、「スーパーフロス」と呼ばれるフロスの両端が固くなって通しやすいものが矯正中の方にはお勧めです。
歯ブラシで大部分を磨き、金具の周りなどは、前にも紹介した「ワンタフトブラシ」を使うとやりやすくなります。
そしてさらに細かな部分は、隙間や歯の状態に合わせて歯間ブラシ・フロスを使い分けて、それぞれを活用しながら磨くのがベストとの事です。

歯ブラシや歯間ブラシは繰り返し使用するものなので、使用後はしっかりと水洗いをして、必ずタオルなどで水気を取って自然乾燥させましょう。水気が残っていると細菌が繁殖しやすくなります。
特に梅雨の時期は湿気が多いので、注意が必要です

歯ブラシを使って、そのあと歯間ブラシやフロスを使って・・・となるとなかなか大変だなぁと感じることが皆さんもあると思います。
そんな時は、始めに歯間ブラシやフロスを使うといいそうです。
細かな部分を始めに綺麗にしておいて最後に全体を歯磨きすると、細かな部分の掃除が後回しにならなくてお口全体がすっきりできるそうです。

毎日行う大切なケアですのでしっかりと続けられるように、私も自分に合った方法で頑張っていこうと思います

 

器具・ワイヤーの調整

皆さんこんにちは、すぎもと歯科受付・水野です!
6月に近付きだんだん気温と湿度が高くなってきていますね。
暖かくなってきていますが、やはり朝と夜はまだ少し寒いので服装などに気を付けて体調を崩さないようにしていきましょう!

さて今回の矯正についてですが、前回下の歯全体に装置をつけてから1か月くらいが経ちました。
引っ込んでいた歯が少しずつ前に出てきていて、隣の歯との段差が少なくなってきています!
下の装置のワイヤーを新しいものに換えて締めなおしていただきました。
上の装置は奥歯のゴムを掛けなおしていただきました。
引き続き下の歯列が整うようにして、それまでは上の歯列はゴム、の交換のみで様子見ということになりました。

ゴムの交換のみといっても、新しいゴムになるとやはり歯は動くので、付けてから数時間たつとじわじわと痛みが出てきます。
歯が動く痛みにもだんだんと慣れてきていて、最初の頃より痛みが落ち着くまでの時間が短くなってきているなと感じています。

その時の体調や個人差によって痛みの大小はそれぞれなので、堅い食べ物は避けたり鎮痛剤を飲むなどして上手に付き合っていけるといいなと思います。

1か月ほどしてからまた次回の調整を行っていきます。歯列が整うのが楽しみです!

下の前歯にも金具装着しました!

皆さんこんにちは!すぎもと歯科受付・水野です
もうすぐ5月ということでだんだんと暖かく・・というより暑いぐらいの日もありますね。
まだたんすの中が冬服なので、そろそろ衣替えをしていこうかなと思います
さて、平成最後の治療日となった今回は、下の前歯4本に矯正装置を付けていただきました!
前から2番目の歯が後ろに引っ込んでしまっているので、装置を使い前に出していくとのことです。

下唇の内側に装置が当たるので、はじめは違和感が強いかな…と少し心配していましたが、思ったより違和感を感じることはありませんでした
今まで装置が付いていない部分に付いたので、数時間たつと痛みがだんだんと出てきました
ただ今までと同じで、1週間ほどたつと痛みはなくなってくるので大丈夫だそうです
最初は慣れるまでに時間がかかるので、下の前歯4本のワイヤーは細いものにして頂きました。
3番目から奥歯にかけてのワイヤーは太めのものにして頂いたので、引き続き抜歯した隙間を埋めるために、後ろに引っ張っている状態です。

上顎の装置は今回も奥歯のゴムを掛けなおして頂きました。
上下の噛み合わせの問題などがあるので、まず下の前歯の歯列を整えてから、上の歯列もさらに整えていく流れになるそうです!

いよいよ上下とも全体に装置が付いて、より歯列が整っていくので、痛みなどありますが綺麗な歯列を楽しみに頑張っていきます!

矯正中も楽しくブラッシング♪

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科・受付の水野です春 デコメ絵文字
4月に入り、新生活を始められる方も多いと思います。
新しい環境で疲れやすかったりするかもしれませんが、食事・睡眠そして歯みがきなどの習慣を大切にして、規則正しく健康な毎日を過ごしていきましょうキラキラ デコメ絵文字

4月02日 し.れ.つ.の語呂合わせで、歯列矯正の日」です歯磨きする歯 デコメ絵文字
矯正中の皆さん!きれいな歯並びをめざして、頑張っていきましょうねキラキラ デコメ絵文字

今回は歯が動いているかのチェックを行っていただきました。その結果、装置を入れるのにはまだ少し動かす必要があるとの事でした。
なので前回と同様、新しいゴムを掛けて、特に右下の3番目の歯が動くようにしていただきました。次回には下の前歯にも装置が付けられるそうですので、楽しみにしたいと思います

次の診察は、3週間ほど様子を見て、歯が十分に動いたら行うとの事でした。
下の前歯にも装置が入ると、今よりもさらに歯磨きがとても大切になってきます。
装置が入っていると、ワイヤーの隙間などなかなか歯ブラシが届かないということがあります

そんなときにとても便利な歯ブラシ『ワンタフトブラシ』を知っていますか?
ワンタフトブラシは、小さなヘッドが特徴で先の部分が尖った形をしている歯ブラシです

歯と歯の隙間や、段差になっている歯列の部分などをポイント清掃するのにとても適しています。
また、矯正装置がついている部分にも、ブラシがしっかり届くようになっているんです

はじめに普通の歯ブラシで装置が付いていない部分や歯の裏側など全体を磨いた後に、ワンタフトを使ってワイヤー付近の所など細かい部分を磨くようにすると磨き残しが少なくなりとてもスッキリします。

それと奥歯など、なかなか歯ブラシが届きにくい箇所や、生えてきたばかりの奥歯にも、無理なく毛先を届かせることができますので、矯正装置の入っていない方にも、喜ばれています!
いつもの歯ブラシワンタフトを是非使ってみてください。
受付で販売していますのでお声掛けください。
次回にはいよいよ下の前歯にも、装置が入るので楽しみにしたいと思います

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

診療時間

午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土曜午後は2:00~4:30)

休診日

木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

第1、第2、第3駐車場20台あり

アクセスマップ・地図

すぎもと歯科関連サイト

スタッフブログ

トップへ戻る