症例集

矯正歯科治療 症例集

マルチブラケット矯正

上顎前突(出っ歯)、スキッ歯も改善され、上顎のアーチもきれいに並びました。

case_adult09

初診時年齢・性別 14歳1ヶ月 男性
主訴 上の前歯が出ていて、スキッ歯なので治したい。
診断名・主な症状 上顎前突、上の歯が出っ張っている
下の歯はきれいに見えるが、上の歯を動かす事で咬み合せが変わるため、上下の歯にブラケットをつけたブラケット矯正が必要。
治療内容 上下に唇側ブラケット矯正装置を使用
治療期間 1年11ヶ月
保定期間 約3年
注意点・リスクなど 矯正治療により歯が動くことに伴う痛み、慣れるまで舌感が気になる
むし歯・歯肉炎、歯根吸収、歯肉退縮、金属アレルギーなどがおこることがある。
治療費用 約40万円
抜歯 非抜歯

マルチブラケット矯正・叢生、八重歯

case_adult08

初診時年齢・性別 16歳3ヶ月 女性
主訴 前歯がガタガタ
診断名・主な症状 上下顎叢生、抜歯は必要ない。
1年半ほど顎の拡大のための装置を使い、顎が広がったらその後ブラケット矯正で、歯をきれいに並べていく。
治療内容 拡大のために上顎にはクワドヘリックス、下顎にはバイヘリックスを使用(1年半)、
拡大終了後、上下頬側ブラケット矯正装置を使用(2年)
治療期間 3年6ヶ月
保定期間 約3年
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、抜歯の痛み、慣れるまで舌感が気になる、金属アレルギー、むし歯・歯肉炎、歯根吸収、歯肉退縮、顎関節症などになることがある。
治療費用 約71万円
抜歯 非抜歯

マルチブラケット矯正・叢生、八重歯

case_adult07

初診時年齢・性別 14歳2ヶ月 女性
主訴 上下ともガタガタ、前歯が出っ歯
診断名・主な症状 上下顎叢生、上顎前突もあるため、上顎左右の第1小臼歯の抜歯が必要。
抜歯後、頬側ブラケット矯正で上前歯を引っ込め、きれいに並べていく。
治療内容 上顎左右の第1小臼歯を抜歯、その後上下に頬側マルチブラケット矯正装置を使用。
治療期間 1年11ヶ月
保定期間 約2年6ヶ月
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、抜歯の痛み、慣れるまで舌感が気になる、
むし歯・歯肉炎、歯根吸収、歯肉退縮 顎関節症などになることがある。
治療費用 約52万円
抜歯 上顎第1小臼歯2本

マルチブラケット矯正・歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正

case_adult06

初診時年齢・性別 32歳0ヶ月 男性
主訴 前歯が出っ歯
診断名・主な症状 右上奥歯が挺出(ていしゅつ)、上顎前突
上下唇側ブラケット矯正、歯科矯正用アンカースクリュー(アブソアンカー)も使用。
治療内容 上下に頬側マルチブラケット矯正装置を使用、
右上奥に矯正用のアンカースクリューを埋入し、矯正終了後スクリューは抜きとり。
治療期間 4年4ヶ月
保定期間 約4年6ヶ月
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、アンカースクリューの埋入処置での痛み、
装置に慣れるまで舌感が気になる、むし歯・歯周病、歯根吸収、歯肉退縮、
金属によるアレルギー症状、顎関節症が出ることがある、
矯正用スクリューアンカーが抜ける場合がある、その際は再度埋め込むことになるが費用は発生しない。
治療費用 約73万円
抜歯 非抜歯

マルチブラケット矯正・叢生、上顎前突

case_adult05

初診時年齢・性別 28歳2ヶ月 女性
主訴 前歯が出っ歯、1本は引っ込んでいる
診断名・主な症状 上下顎叢生、上顎前突、舌側転移もあるため、第1小臼歯4本の抜歯が必要。
治療内容 上下左右第1小臼歯を抜歯。
抜歯後、上下顎に頬側ブラケット矯正装置を使用。
治療期間 約3年
保定期間 約3年
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、抜歯の痛み、慣れるまで舌感が気になる、
むし歯・歯周病、歯根吸収、歯肉退縮、金属アレルギー、顎関節症などを起こすことがある。
治療費用 約80万円
抜歯 上下左右第1小臼歯(4本)

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

透明のマウスピース型矯正装置を使って歯を移動させる矯正、5年間使用

case_adult04_1case_adult04_2

初診時年齢・性別 41歳4ヶ月 女性
主訴 前歯が出っ歯、1本は引っ込んでいる
診断名・主な症状 上下顎叢生、上顎前突、マウスピース型矯正装置を希望
治療内容 希望通り マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)で矯正
治療期間 約2年3ヶ月
保定期間 LBR使用中
注意点・リスクなど 1日のうち20時間は装着するようにしないと効果が期待できない場合がある。
まとめて受け取ったマウスピースを自分で管理しないといけない。
*インビザラインは完成物薬機法対象外の装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外になります。
治療費用 約70万円
抜歯 非抜歯

マルチブラケット矯正・歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正

叢生・開口・上顎全突(出っ歯)など、歯科矯正用アンカースクリューを用いた矯正も使用して3年半

case_adult03_1case_adult03_2

初診時年齢・性別 28歳1ヶ月 女性
主訴 前歯が出っ歯、前歯で噛み切れない
診断名・主な症状 上下顎叢生、上顎前突、開咬もあるため、第1小臼歯の抜歯が必要。
治療内容 第1小臼歯4本を抜歯。抜歯によりできたスペースに、頬側ブラケット矯正装置を使用。
歯科矯正用アンカースクリュー(アブソアンカー)も使用。
治療期間 3年6ヶ月
保定期間 約4年
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、抜歯の痛み、慣れるまで舌感が気になる、むし歯・歯周病、
歯根吸収、歯肉退縮、金属アレルギー、顎関節症などを起こすことがある。
矯正用スクリューアンカーが抜ける場合がある、その際は再度埋め込むことになるが費用は発生しない。
治療費用 約75万円
抜歯 上下左右第1小臼歯4本

マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)

スキッ歯、マウスピースを5ヶ月間使用

case_adult02

初診時年齢・性別 21歳6ヶ月 女性
主訴 前歯がスキッ歯
診断名・主な症状 上顎空隙歯列
治療内容 マウスピース型カスタムメイド矯正装置(インビザライン)で治療
治療期間 約6ヶ月
保定期間 約2年
注意点・リスクなど 1日のうち20時間は装着するようにしないと効果が期待できない場合がある。
まとめて受け取ったマウスピースを自分で管理しないといけない。
*インビザラインは完成物薬機法対象外の装置のため、医薬品副作用被害救済制度の対象外になります。
治療費用 約25万円
抜歯 非抜歯

反対咬合(かみ合わせが逆・受け口)

case08

初診時年齢・性別 7歳2ヶ月 男性
主訴 前歯のかみ合わせが逆
診断名・主な症状 前歯部の反対咬合
治療内容 床矯正装置を就寝中と自宅で過ごす1時間ほど使用 
治療期間 7ヶ月
注意点・リスクなど 矯正装置による違和感,痛み、慣れるまで就寝時外してしまうことがある 
治療費用 約7万円

反対咬合(かみ合わせが逆・受け口)

リンガルアーチを装着

case07

初診時年齢・性別 7歳8ヶ月 男性
主訴 前歯のかみ合わせが逆
診断名・主な症状 前歯部の反対咬合 下の顎が広がってきている
治療内容 上顎にはリンガルアーチ、下顎にはバイトプレート装置を使って治療
治療期間 7ヶ月
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、慣れるまで舌感が気になる、歯磨きがしづらくなる 
治療費用 約10万円

反対咬合(かみ合わせが逆・受け口)

乳歯側の反対咬合です。
歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)を5ヶ月間使用していただき、きれいに治りました。

case06

初診時年齢・性別 4歳7ヶ月 男性
主訴 乳歯のかみ合わせが反対
診断名・主な症状 前歯部の反対咬合 下の顎が広がってきている
治療内容 歯列矯正用咬合誘導装置(ムーシールド)を装着する事ができたので、
就寝時しっかり使って治療
治療期間 5ヶ月
注意点・リスクなど 保護者による管理が必要、舌を正しい位置に置かないと改善しない
治療費用 約13,000円

反対咬合(かみ合わせが逆・受け口)

リンガルアーチを使っての治療。

case05

初診時年齢・性別 6歳9ヶ月 男性
主訴 かみ合わせが逆
診断名・主な症状 前歯部の反対咬合
治療内容 上顎にリンガルアーチを使って治療
治療期間 6ヶ月
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、歯磨きがしづらくむし歯リスクがでる
治療費用 約6万円

歯並びがデコボコしている(叢生)と反対咬合

case04

初診時年齢・性別 8歳3ヶ月 男性
主訴 前歯がガタガタになっている
診断名・主な症状 前歯の反対咬合と叢生とがある、まず反対咬合を治しその後叢生を治していく
治療内容 リンガルアーチを約1年使って反対咬合を治し、
その後は床矯正装置を使い叢生を改善させた
治療期間 約4年
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、慣れるまで舌感が気になる、
就寝時しっかりと装置を使わないと効果が出ない。
歯磨きがしづらくむし歯リスクが高まる
治療費用 約20万円

歯並びがデコボコしている(叢生・八重歯)

case03

初診時年齢・性別 11歳4ヶ月 女性
主訴 歯並びがガタガタになっていて 歯磨きもうまくできない。
診断名・主な症状 叢生、顎が狭いため歯が並びきれてない状態
年齢的に顎の成長は止まっているため上下左右1本ずつの抜歯が必要
治療内容 上顎にはクワドヘリックス、下顎にはリンガルアーチ装置を使い、歯列を拡大
第1小臼歯4本を抜歯してからは、ブラケット矯正装置を使用。
治療期間 7ヶ月
保定期間 3年
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、抜歯の痛み、慣れるまで舌感が気になる、
装置のため歯磨きが難しくなり、むし歯のできるリスクが高まる
治療費用 約61万円
抜歯部位 上下左右 第1小臼歯

開咬

case02

初診時年齢・性別 8歳3ヶ月 男性
主訴 前歯が噛み合わない、くちゃくちゃさせて食べる、いつも口をポカンとしている
診断名・主な症状 開咬・舌癖もみられる。タングクリブ・歯列矯正用咬合誘導装置(T4K)を使用。
治療内容 タングクリブ・歯列矯正用咬合誘導装置(T4K)を使用しながら、舌トレーニングも行い口呼吸の改善も図った。
治療期間 3年6ヶ月
注意点・リスクなど 矯正治療による伴う痛み、慣れるまで舌感が気になる、歯磨きがしづらく虫歯リスクがでる。
トレーニングも並行して行わないと改善が困難。
治療費用 約25万円

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

診療時間

午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土曜午後は2:00~4:30)

休診日

木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

第1、第2駐車場16台あり

アクセスマップ・地図

すぎもと歯科関連サイト

スタッフブログ

トップへ戻る