矯正ブログ

スタッフの歯列矯正ブログ 目指せ!口元美人

フロス・歯間ブラシも使い分けて

皆さんこんにちは、すぎもと歯科受付・水野です!
梅雨に入り雨の日が増え,蒸し暑い日が続いてますね(/ω\*)
植物にとっては恵みの雨ですが、じめじめと過ごしづらい季節ですので、いつも以上にお口の中はすっきりと健康に過ごしていきたいですね!

さて今回の矯正では、まず下の歯列を診て頂きました。

後ろに引っ込んでいた2番目の歯が徐々に前に出てきているので、今回はワイヤーを新しいものに換えて頂きました。
前回までは特に動いてほしい歯の部分のワイヤーが二重になっていたのですが、今回は全体に1本新しいワイヤーを付けて頂きました!

代わりに前回よりきつめに締めて頂いたので、引き続き抜歯した隙間が閉じていくようにしていくそうです。
上の歯は下の歯の経過に合わせたいので奥歯のゴムの交換のみを行いました。

抜歯してから1年弱が経ち、左上の抜歯した隙間が完全に閉じました!その他の隙間も閉じていくように今後も様子見とのことです。

また、歯間ブラシ」フロス」についてもお話がありました。

それぞれの特性についてですが、歯間ブラシは隙間の大きな部分(抜歯後など)や、歯の表面に装置が付いている部分などに適しています。

フロス
は歯間の隙間がせまい部分に適しています。
ただし、矯正のワイヤーの下にフロスを通す必要がありますので、「スーパーフロス」と呼ばれるフロスの両端が固くなって通しやすいものが矯正中の方にはお勧めです。
歯ブラシで大部分を磨き、金具の周りなどは、前にも紹介した「ワンタフトブラシ」を使うとやりやすくなります。
そしてさらに細かな部分は、隙間や歯の状態に合わせて歯間ブラシ・フロスを使い分けて、それぞれを活用しながら磨くのがベストとの事です。

歯ブラシや歯間ブラシは繰り返し使用するものなので、使用後はしっかりと水洗いをして、必ずタオルなどで水気を取って自然乾燥させましょう。水気が残っていると細菌が繁殖しやすくなります。
特に梅雨の時期は湿気が多いので、注意が必要です

歯ブラシを使って、そのあと歯間ブラシやフロスを使って・・・となるとなかなか大変だなぁと感じることが皆さんもあると思います。
そんな時は、始めに歯間ブラシやフロスを使うといいそうです。
細かな部分を始めに綺麗にしておいて最後に全体を歯磨きすると、細かな部分の掃除が後回しにならなくてお口全体がすっきりできるそうです。

毎日行う大切なケアですのでしっかりと続けられるように、私も自分に合った方法で頑張っていこうと思います

 

器具・ワイヤーの調整

皆さんこんにちは、すぎもと歯科受付・水野です!
6月に近付きだんだん気温と湿度が高くなってきていますね。
暖かくなってきていますが、やはり朝と夜はまだ少し寒いので服装などに気を付けて体調を崩さないようにしていきましょう!

さて今回の矯正についてですが、前回下の歯全体に装置をつけてから1か月くらいが経ちました。
引っ込んでいた歯が少しずつ前に出てきていて、隣の歯との段差が少なくなってきています!
下の装置のワイヤーを新しいものに換えて締めなおしていただきました。
上の装置は奥歯のゴムを掛けなおしていただきました。
引き続き下の歯列が整うようにして、それまでは上の歯列はゴム、の交換のみで様子見ということになりました。

ゴムの交換のみといっても、新しいゴムになるとやはり歯は動くので、付けてから数時間たつとじわじわと痛みが出てきます。
歯が動く痛みにもだんだんと慣れてきていて、最初の頃より痛みが落ち着くまでの時間が短くなってきているなと感じています。

その時の体調や個人差によって痛みの大小はそれぞれなので、堅い食べ物は避けたり鎮痛剤を飲むなどして上手に付き合っていけるといいなと思います。

1か月ほどしてからまた次回の調整を行っていきます。歯列が整うのが楽しみです!

下の前歯にも金具装着しました!

皆さんこんにちは!すぎもと歯科受付・水野です
もうすぐ5月ということでだんだんと暖かく・・というより暑いぐらいの日もありますね。
まだたんすの中が冬服なので、そろそろ衣替えをしていこうかなと思います
さて、平成最後の治療日となった今回は、下の前歯4本に矯正装置を付けていただきました!
前から2番目の歯が後ろに引っ込んでしまっているので、装置を使い前に出していくとのことです。

下唇の内側に装置が当たるので、はじめは違和感が強いかな…と少し心配していましたが、思ったより違和感を感じることはありませんでした
今まで装置が付いていない部分に付いたので、数時間たつと痛みがだんだんと出てきました
ただ今までと同じで、1週間ほどたつと痛みはなくなってくるので大丈夫だそうです
最初は慣れるまでに時間がかかるので、下の前歯4本のワイヤーは細いものにして頂きました。
3番目から奥歯にかけてのワイヤーは太めのものにして頂いたので、引き続き抜歯した隙間を埋めるために、後ろに引っ張っている状態です。

上顎の装置は今回も奥歯のゴムを掛けなおして頂きました。
上下の噛み合わせの問題などがあるので、まず下の前歯の歯列を整えてから、上の歯列もさらに整えていく流れになるそうです!

いよいよ上下とも全体に装置が付いて、より歯列が整っていくので、痛みなどありますが綺麗な歯列を楽しみに頑張っていきます!

矯正中も楽しくブラッシング♪

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科・受付の水野です春 デコメ絵文字
4月に入り、新生活を始められる方も多いと思います。
新しい環境で疲れやすかったりするかもしれませんが、食事・睡眠そして歯みがきなどの習慣を大切にして、規則正しく健康な毎日を過ごしていきましょうキラキラ デコメ絵文字

4月02日 し.れ.つ.の語呂合わせで、歯列矯正の日」です歯磨きする歯 デコメ絵文字
矯正中の皆さん!きれいな歯並びをめざして、頑張っていきましょうねキラキラ デコメ絵文字

今回は歯が動いているかのチェックを行っていただきました。その結果、装置を入れるのにはまだ少し動かす必要があるとの事でした。
なので前回と同様、新しいゴムを掛けて、特に右下の3番目の歯が動くようにしていただきました。次回には下の前歯にも装置が付けられるそうですので、楽しみにしたいと思います

次の診察は、3週間ほど様子を見て、歯が十分に動いたら行うとの事でした。
下の前歯にも装置が入ると、今よりもさらに歯磨きがとても大切になってきます。
装置が入っていると、ワイヤーの隙間などなかなか歯ブラシが届かないということがあります

そんなときにとても便利な歯ブラシ『ワンタフトブラシ』を知っていますか?
ワンタフトブラシは、小さなヘッドが特徴で先の部分が尖った形をしている歯ブラシです

歯と歯の隙間や、段差になっている歯列の部分などをポイント清掃するのにとても適しています。
また、矯正装置がついている部分にも、ブラシがしっかり届くようになっているんです

はじめに普通の歯ブラシで装置が付いていない部分や歯の裏側など全体を磨いた後に、ワンタフトを使ってワイヤー付近の所など細かい部分を磨くようにすると磨き残しが少なくなりとてもスッキリします。

それと奥歯など、なかなか歯ブラシが届きにくい箇所や、生えてきたばかりの奥歯にも、無理なく毛先を届かせることができますので、矯正装置の入っていない方にも、喜ばれています!
いつもの歯ブラシワンタフトを是非使ってみてください。
受付で販売していますのでお声掛けください。
次回にはいよいよ下の前歯にも、装置が入るので楽しみにしたいと思います

歯並びを悪くする生活習慣

皆さんこんにちは、すぎもと歯科受付・水野です

前回の調整から1カ月が経ちました!
前回お話しした右下の3番目の歯ですが、まだ十分に後ろに動いていなかったため、今回は後ろに引っ張るゴムの交換を行いました。
口の中は日々変化しているそうなので、焦らず少しずつ歯が動くのを待つとともに、毎日のケアを大切にしていこうと思います

さて今回は、歯並びが悪くなってしまう生活習慣についてお話します。
歯並びが悪くなる習慣はさまざまありますが、中でも自分が特に気を付けよう、と思った3つを紹介します

1つ目は「頬杖」です。
座って作業するときなど、無意識でつい頬杖をしてしまう時はありませんか?
頬杖をつくと顔の骨が歪んでしまったり、噛み合わせが悪くなることがあるそうです。
またうつ伏せで寝ることも、長時間顔などに力が加わり、骨が歪むことにつながってしまうそうです

2つ目は「片方ばかりで噛む」です。
食事中、片方ばかりで噛むと左右のバランスが悪くなってしまい、噛み合わせや顎がずれてしまうことがあるそうです。
こちらも頬杖と同じで、無意識でしてしまうと思うので 左右バランスよく噛むことに意識していきたいですね.
また、枕の高さや姿勢なども歪みの原因になるそうです。

最後に「口呼吸」です。
口周りの筋肉が上手に鍛えられていないと 唇が閉められずポカンと開いた状態になり、口で呼吸をする癖がついてしまいます。
口呼吸に慣れてしまうと顔の骨格や筋肉の発達に影響が出てしまい、噛み合わせが悪くなってしまうそうです
また口呼吸をすると口の中が乾燥して、虫歯や歯周病などになりやすくなります。

小さい頃に鼻呼吸のクセをつけることが整った歯列、そして健康な口・体を保つことにつながります.
お子さんの口呼吸については歯科衛生士さんのブログでくわしくお伝えしていますのでこちらもぜひぜひご覧ください

普段何気なくしている習慣が、歯並びやお口の健康を大きく左右させるので、皆さんも普段から意識し 気を付けて頂きたいと思います

下の歯も少し動いてきました!

こんにちは、すぎもと歯科受付・水野です!
最近、日中が少しずつ暖かくなってきたような気がしますねsun
寒い季節ももう少しで過ぎるので春になるのがとても楽しみですshine

先日の日曜日は、スタッフのみんなと一緒に「中部デンタルショー」に行ってきました。
ものすごく広い会場に、歯科関連の業者さんがたくさん出展されていて熱気にびっくりでした

さて、今回の調整についてお話します。
まず上の歯列ですが、こちらは順調に引っ込んできているためゴムの交換を行い引き続き経過を見るという流れになりました。
最初のころと比べて、抜歯した5番目の歯の隙間がかなり詰まってきて 歯列もとても整ってきました!

続いて下の歯列も4番目の歯がかなり後ろに動いていて  それぞれの歯と歯の隙間が目立つようになってきました。
元々両方の2番目の歯が3番目の歯(犬歯)の後ろに少し重なる形で引っ込んでいたのですが、少しずつ重なりが少なくなってきていますshine
さらに歯が動いて、重なりがなくなってきたらいよいよ下の前歯全体にも装置がつけられるようになるとのことでした!
より早く歯が動くように今回は3番目の歯から後ろにゴムを掛けて頂きましたhappy02

少し驚いたのですが、抜歯をしたり隣の歯が動いて隙間ができることによって 何もしないでも自然に少しずつ動くそうです!
口の中は絶えず変化しているのだなぁと感動しましたconfident

毎日の自身でのケアとともに 院長や歯科衛生士さんに定期的に診て頂き、健康なお口を維持していけるように気を付けていきます!!

2019✿今年もがんばります!

こんにちは、江南市すぎもと歯科・受付の水野です!
平成最後の年・2019年が始まりましたね、今年も矯正ブログを、どうぞよろしくお願いいたします(∩´∀`@)⊃

昨年から矯正治療をはじめさせて頂き、あっという間に半年程が経ちました。
いつも頑張ってすぎもと歯科に通って頂いている皆さんと同じように、私も今年の矯正治療を頑張っていきたいですrock

今日は今年最初の治療日でした(*≧∀≦*)
今回の治療では、まず歯がどのくらい動いているのかを診て頂きましたが、院長から「順調に動いてますね」と言って頂けてとても安心しましたwink

順調に歯が動いているということで、今回はワイヤーはそのままで、装置についているゴムの交換のみを行いました。
歯が動いてきたことで、歯と歯の間の隙間が大きくなってきたなぁと感じていますconfident
その分食べ物が挟まったり、磨き残しがあったり・・・ということが多くなってきましたsweat02なので毎回の歯磨きで、歯ブラシだけでなく歯間ブラシやフロス・そしてワンタフトブラシなどもしっかり使って磨き残しのないように十分気を付けていきたいです!

現在下の前歯4本は装置が付いていない状態なのですが、このまま順調に隣の歯が動いたら、前歯4本にも装置を付けられるようになるとのことでした。
上の歯列がとても整ってきているので、下の歯にも装置を付けるのがとても楽しみです!
毎日の歯磨きを大切にして、健康な歯を保っていけるように頑張りますsun

今年最後の調整!

皆さんこんにちは、すぎもと歯科受付・水野です。
12月に入り、今年も残す所あと1カ月となりましたね。来年に向けて今年のうちにやりたいことなど、早めに進めていきたいですねhappy01

さて、今回も装置の調整を行って頂きました!
前回までは、少し太いワイヤーを付けた上から、ワイヤーを固定するためのゴムをつけているのですが、今回はいつものワイヤーに加えて、もうひとつ別の針金で固定して頂きました。

ゴムだと弾力がある分 少し余裕のある固定になるそうですが、針金だとよりしっかり固定がされるとのです。
今回の調整後いつもより少し痛いな(>_<)と感じましたが、その分動いているのだということですので、がんばりますconfident

早いもので、上の歯に装置を付けてから4ヶ月程が経過しました。
抜歯した歯の隣の歯が徐々に動いてきて、舌が通るくらいの隙間が空いてきました!本当に歯は動くんだなぁと実感していますhappy02
先月から下の歯にも装置が付いたので、こちらも動くのが楽しみですheart04
周りの方からも、特に上の前歯が「きれいになってきてるね!」と言って頂けるので、とても嬉しいですヾ(*´∀`*)ノ
まだまだ長い道のりですが、来年も頑張って治療を受けていきたいなと思います!!
ところで、正月と言えば・・・「お餅お餅 デコメ絵文字ですが、今年は我慢しなくてはいけないな(m´・ω・`)m と思います。
粘るもの・固いものは、矯正装置がはいっている方は、控えなくてはいけない食べものになります。
皆さんも気をつけて、何かと慌ただしい年末になってきますがお過ごし下さい。
年内は29日午前まで 診療
 梅 お正月 デコメ絵文字新年は1月5日(土)からとなります!
矯正ブログは、次回は来年です。ちょっと早いですが、来年もよろしくお願いいたします。

下顎の装置が入りました。

皆さん、こんにちは!江南市すぎもと歯科・受付の水野です赤青 かわいい。 デコメ絵文字
11月に入り少しずつ気温が下がってきていますね秋のフルーツ デコメ絵文字
今年も残すところ2ヵ月となったので、2018年の終わりに向けてやるべきことなど少しずつやれるようにしていきたいなと思いますかわいい デコメ絵文字

さて、今回は下顎にワイヤーを通す治療をして頂いたので記していきます!
前回もお話しした通り、まず左右の犬歯とそのひとつ後ろの歯を後ろに動かして、ある程度動いてから前から1番目と2番目の歯にもワイヤーをつけて動かしていく・・・というのが今後の流れとなってきます。

上の装置と同様に、歯に部品を取り付けてそこにワイヤーを通して頂きました。
付けた部品は直接下唇の内側に当たる状態となるので、付けた瞬間は違和感が大きかったです
時間とともに慣れますが、初めのうちは部品やワイヤーの先が下唇の内側に引っかかり、少し腫れが出たりしてしまうかもしれないとの事でした。

そういったときは口内炎用の薬が効果的だそうです!
装置が付いてしばらくするとやはり痛みが少しずつ出てきました(T~T;。) 
日常生活で特に問題はないのですが、食事中は直接歯にものが当たる影響で痛いと感じる事があります

こちらも1週間ほどでだんだん痛みはやわらいでくるのですが、どうしても我慢ができないときは鎮痛剤を服用するとよいそうです!
また装置をつけてから3カ月ほどになりますが、やはり毎日の歯磨きがむずかしいなと感じます
下顎にも装置が入ったことで、さらに難しくなりますがワンタフトブラシや歯間ブラシなどをしっかり使って、汚れがたまらないように気をつけていきたいです。

当院では矯正治療中の方へも、歯科衛生士が定期メンテナンスを行っておりますので、普段のお手入れだけではなかなか届かない部分もしっかり掃除させていただいております。 

今後は今ついている上下の装置を1カ月ごとで調整して、少しずつ歯列を整えていくので、まだまだこれからですが頑張っていきます!!  

 

下の奥歯にも金具が入りました。

皆さんこんにちは!すぎもと歯科受付・水野ですsun

前回下の奥歯に金具を入れる隙間を開けるためのゴムを入れてから2週間が経ちました。
十分な隙間ができたので今回はゴムを外し、金具を取り付けて頂きました!

抜歯をした歯の隣の歯で、もともと抜歯した分のスペースが空いていたのでこの2週間は歯が動く痛みなどは感じませんでした。
先に取り付けた上の奥歯の金具と同様で歯全体に金具をかぶせて、奥歯を固定して頂きました

のちにワイヤーを通すのですが、ワイヤーを取り付ける部品が頬側に付いていて、少し出っ張っているので口の中で多少違和感があります。

はじめのうちは引っかかったりして気になってしまうかもしれませんが、時間とともに慣れてくるので問題ないだろうとの院長のお話でしたshine
金具が取り付けてあるので「歯磨きなどが届かなくて虫歯などは大丈夫ですか?」との質問を受けることがあるそうですが、金具を取り付ける際に専用の接着剤を使用するため、金具と歯がぴったり隙間なく装着されるので虫歯の心配もないそうですhappy02

ワイヤーがついているところは汚れがたまりやすいので以前教えて頂いた、歯間ブラシやワンタフとブラシなどを使ってしっかり磨いていきたいと思います!
今後の流れとしてはまず前から3・4番目の歯のみにワイヤーを付けて後ろへ動かし、十分に動いたら前から1・2番目の歯にもワイヤーを付けて整えるそうですapple

上の歯に加えて下の歯にもワイヤーが付くので、しばらくは違和感はあるそうですが、きれいな歯並びを目指してこれからも治療を頑張っていきます!!

調整と下顎も矯正開始します!

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科・受付の水野です花 デコメ絵文字
10月に入り秋らしくなってきましたねmaple秋と言えば、食欲の秋食欲の秋☆焼き芋 デコメ絵文字・読書の秋読書の秋 デコメ絵文字などさまざまですね!
今年は猛暑でなかなか外に出たり、スポーツしたりということをしなかったので、涼しくなってきたのを機にたくさん体を動かしていきたいと思いますバレーボール デコメ絵文字

さて、今回は2度目の調整をして頂きました。
まずはじめに院長にどの程度歯並びが治ってきたか診て頂きました。
少しずつですが前回の調整をした後から上の前歯が引っ込んできている印象です嬉しい デコメ絵文字

抜歯をしたことで歯列にスペースが生まれ、その分歯が動きやすくなっていると教えて頂きましたnotesそのあとはワイヤーを固定している部品の透明のゴムとワイヤーをはずして、それぞれ新しいものをつけてもらいました。

今回は、以前より少し太めのワイヤーを付けて頂きましたshine
また、抜歯して空いている部分のワイヤーにゴムをつけて頂きました。
こうすることで引っ張る力が強まり、いま歯が無くて空いている所に隣の歯が動きやすくなるそうです!
その分痛みも大きくなるかもしれないそうですが、時間とともに慣れてくるので大丈夫とのことです

そして、上の前歯が少しずつ動いてきてるので、そろそろ下の歯にも矯正装置をつけようということになりましたびっくり デコメ絵文字
上の歯と同様、まずは装置を固定するために奥歯に金属を付けてそれからブラケット装置を付ける流れになります。
奥歯に金属をつけるために、以前ご紹介したリング状のゴムを付けて頂きました。
上の奥歯の時は左右2つずつゴムを付けましたが、すでに抜歯が済んでいるため今回は左右1つずつ付けるだけですみました。
以前ゴムを入れた時は抜歯前で隙間なくぴったりとしていたので、少しずつ歯が動く感覚がして痛く感じましたが、今回はすでに抜歯も済ませているためだと思いますが、歯が動いてもあまり痛く感じませんでしたwink
ここから2週間ほどして奥歯に隙間が空いてから、固定用の金属を付けていただく予定ですshine

毎日少しずつ歯並びが整ってきていることがとても嬉しいので、日々のお手入れなど気を付けていきたいですハート デコメ絵文字

 

矯正中の上手な歯磨きのために

皆さんこんにちは!すぎもと歯科・受付の水野です✨
9月も半ばになり、少しずつ朝や夜が涼しくなってきましたが、昼間の暑さとの気温差で体調を崩しやすいので気をつけてくださいね😃

さて今回は、2度目の装置の調整を行なって頂きました。前回から約1ヶ月ほど経ちました。
前回ワイヤーを通してから1週間程はじわじわとした痛みがありましたが、少しずつ慣れてきて1ヶ月経つ頃にはほとんど痛みがなくなっていました!
1ヶ月ごとで定期的に調整を行なっていくので、調整直後の痛みが出たり・慣れてきて痛みが減ってきたりというのを繰り返していくとのことです。

また、今回はブラケット装置が付いている歯の歯磨き方法について、衛生士さんから教えて頂きました✨
通常の歯ブラシですと装置が付いている歯を磨く際に隙間ができてしまい、ブラシが当たりにくい部分がどうしても磨き残しとなってしまいます💦
そこですすめて頂いたのがワンタフトという歯ブラシです!
少量のブラシと尖っている先端が特徴で磨きにくい部分にもしっかり当たります✨

それと歯間ブラシもワイヤーの下に入れてお掃除するのにオススメです!

ブラケット装置はワイヤーの隙間や部品の周りに汚れが溜まりやすいですが、ワンタフトも歯間ブラシも細かい部分まで掃除することができました⭐
すぎもと歯科では、矯正装置の歯磨き方法について動画を用いて説明を行なったり、ワンタフトなどを使って実際に練習してみたりと、とても分かりやすい歯磨き指導を行なっております😃
歯磨きについて不安がある方や気になる方は、ぜひ一緒に練習してみましょう♫
歯ブラシは受付で取り扱っていますので、お気軽に声をかけて下さい。
私も正しい歯磨きを続けて、歯の健康を保っていきます✨

装置をつけました!

皆さんこんちには!すぎもと歯科受付・水野です
8月も半ば、すぎもと歯科も明日から15日(水)までお盆休みとさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
皆さんはお盆休みはどのように過ごされますか?
帰省されたりお出かけされる方も多いと思いますが、食事の機会が増えることが多いので、小まめに歯磨きをして健康な歯を保ってくださいね。

さて、今日は上の歯全体にワイヤー状の金具、ブラケット装置をつけていただきました!
ブラケット装置とは歯1本ずつにブラケットという部品を取り付け、部品にワイヤーを通している装置です。多くの症例に対応していて効率よく、確実に歯列を整えられるものです!

『矯正装置』と聞くと、このブラケット装置を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
当院のブラケット装置は金属でできているメタルブラケットと、歯と似た白色のセラミックブラケットがあります。
私は目立ちにくいセラミックブラケットをつけていただきました!

施術中、つけた直後は特に痛みは感じませんでした、けれど 装置が付いている分 歯に厚みが出るので、唇が閉じにくい、などの違和感はありました(>_<).
しかし、.時間とともに慣れてくるそうです.

数時間経つと少しずつ痛みが出始めてきました 強い痛みではなくじわじわ…と痛む感じです。
痛みがあるということは歯が動いているということなので、前向きに考えてがんばれそうです
痛みは個人差があるそうですがどうしても痛いなら鎮痛剤を飲んでも大丈夫だそうです。時間とともに痛みも減ってくるとのことです。

これからは1ヶ月に1度のペースで装置の調整をしていただき、長期的に歯列を整えていくので、日々の過ごし方など皆さんにお伝えしていけたらなと思います

抜歯を行いました。

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科受付・水野です✨
前回奥歯を金具で固定したので、今回はいよいよ抜歯を行います!

子供の頃グラグラになった乳歯を抜いた経験はありますが、グラグラしていない健康な歯を抜く、というのは初めでとっても不安です😢
なぜ抜歯を行うかというと、顎が小さくスペースがないために大きく乱れている歯列・・それを治すために抜歯をしてスペースを作り、ブラケット装置で歯をきれいに並べて整えることで、短期的に矯正をすることが可能になるからです✨

お子さんの場合には、体の成長と共に顎も成長途中のため、顎を広げる装置を着けることで顎にスペースができ、歯を抜かずにきれいに並べることが可能になります。(床矯正と呼ばれるものです)
歯を抜かなくて済む・・これが、子供の時から矯正を始める大きなメリットです。

残念ながら成長の止まっている私は、上下左右の計4本、前から5番目の歯を抜くことになりました(´・ω・`)
通常は4番目か5番目のどちらかを抜歯するそうですが、私の場合5番目の方が治療した歯が多かったため5番目になりました。
右側の上下の2本 そして左側の上下2本と、噛むところを確保するために2回に分けて抜歯しました。
麻酔が効くまであっという間でした!麻酔が効いているため抜歯の痛みはありませんでした!抜いた後は出血があるのでガーゼをよく噛んで30分程止血をしました。麻酔が切れると痛みが出てくるとのことだったので、切れる頃を見計らってあらかじめ鎮痛剤も飲みました。
しばらくは少量の出血がありましたが徐々に収まり、特に問題はありませんでした😀

初めは不安だった抜歯ですが、大きな痛みも出血もなくすんだのでとても安心しました✨
無事に4本の抜歯が済んだので、次は奥歯を動かす金具の装着になるそうです。

準備のための装置が入りました。

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科・受付の水野です✨

前回奥歯に十分な隙間ができたので、今回は奥歯にかぶせる金具をつけました!
金具は、上顎の裏を抑えるプラスチック部品から左右に金具が伸びていて、金具の先が奥歯にかぶさる形をしています。金具をつけるときに痛みはありませんでした!

上顎にプラスチック部品が付くので、話すときに違和感がありますが、時間とともに慣れてきます。
頬側に金具の部品が付いているので頬裏が引っかかりやすくなるかもしれない、と言われましたが今のところは特に問題ないです!

初めて口の中に金具をつけたので慣れないうちは違和感がありますが、痛みもなく自分の口にフィットしているのですぐに慣れそうです✨

奥歯を固定したのでいよいよ「抜歯」をして本格的に矯正装置を付ける準備をしていくことになります😀

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

診療時間

午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土曜午後は2:00~4:30)

休診日

木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

第1、第2、第3駐車場20台あり

アクセスマップ・地図

すぎもと歯科関連サイト

スタッフブログ

トップへ戻る