矯正治療の方法

小児歯科矯正の治療方法(3歳頃~12歳頃)

ムーシールド

ムーシールドとは透明なマウスピース型の矯正装置で、反対咬合(受け口)の治療に使用します。

3歳~8歳くらいのお子さまが対象で、寝ている間を中心に使用します。最初のうちは寝ている間に口から飛び出してしまったりすることがありますが、次第に上手にはめていられるようになります。
早い場合は3か月くらいで反対咬合が治ることもあります、その後経過観察と保定期間を含め1年前後、装置を使用します。

今までは3歳児検診でこのような咬み合わせの異常を指摘されても、「永久歯になれば改善することもあるので様子をみましょう」ということがよくありましたが、実際には、何もしないで放置し、自然に治ったというケースは稀です。

ムーシールド

ムーシールド



ムーシールド装着時

ムーシールド装着時

反対咬合の原因には遺伝的なものもありますが、それ以外には低位舌が原因の場合もあります。低位舌とは舌の位置がいつも下の前歯あるいは下の歯並びを前に押してしまっているような状態を言います。
本来、舌の先端は上あごの歯ぐきあたりにあるのが望ましいのですが、舌の位置がいつも低い位置にあり下の前歯を押してしまっていると反対咬合になる要因となります。
ムーシールドは筋機能訓練装置とも呼ばれ、このように低位舌が原因で反対咬合になっている場合に、口周囲の筋のアンバランスを訓練・修正してあげることで結果として反対の噛み合わせが改善されていきます。

装置は3歳のお子さまでもすぐに使用できる簡単な装置です。
使用方法は、ご父兄とお子さん一緒にご指導致します。

床矯正

「床矯正」というのは、発育途中にある子供の「あごの骨」を正常に発育させ、歯を抜かずに「自然に」美しい歯列にするための矯正治療です。乳歯の時期や乳歯と永久歯が混ざり合った時期(混合歯列期)に、あごの成長をみながらかみ合わせの改善、あごの大きさの改善などを行います。

早い時期に問題を解決することで、本格的な治療が必要なくなったり、期間が短くなったり、永久歯を抜くことがなくなったりする可能性が広がります。

小さい子どもでも使えるように構造が簡単な装置、自分で取り外しできる装置を主に使用します。また、家にいる時だけ装置は装着しますので、お子さんへの負担も少なくて済みます。
すなわち、余分な歯を抜いたり、ワイヤーなどを使って、歯を無理やり整列させるのではなくあごの発育を促進させることで、自然に歯ならびを整えるよう誘導してゆく治療方法です。

床矯正の大切なポイントには、「開始時期」があります。
なぜなら、床矯正においては、「成長する力」がとても重要なカギを握っているからです。
逆にいえば、成長期を過ぎ、顎の形が決まってしまってからでは治療は遅すぎるといえます。
つまり、正しい顎や骨格、噛み合わせへと導くためには、早期に治療に取り組むことがとても重要なのです。

当然ですが床矯正にもメリットとデメリットがあります。
これらは患者様に応じて判断していく必要があるため、わからないことはお気軽にお尋ねください。

床矯正装置(上)

床矯正装置(上)



床矯正装置(下)

床矯正装置(下)



床矯正 装置

床矯正 装置

リンガルアーチ

リンガルアーチ

リンガルアーチ

歯の裏側から使用するアーチ状の装置です。奥歯が前にくるのを防いだり、内側から歯を押すことで口腔内を広げながら歯並びを整えていきます。
前からは見えません。

その他の装置

治療方法_その他の装置
その他にも、上顎前突(出っ歯)に使用する装置「バイオネーター」、舌の癖が原因の前歯開咬に用いる「タングクリブ」など、いろいろな種類の装置があります。
その中から お子さんの歯並びの状態や年齢により、最も適した装置・方法を選択し矯正治療を進めていきます。

成人歯科矯正の治療方法(12歳頃~大人)

マルチブラケット

このマルチブラケット法が一番効率よく確実に歯を移動させることができ、ほとんどの症例に適応する矯正装置と言えます。まずはこの方法をお薦めしております。
しかし患者さんによっては、ご事情やご希望がある場合もあると思いますのでまずご相談ください。できる限りご要望に沿う方法で治療をおこなっております。

すべての歯が永久歯に生え変わり、あごの成長がある程度予測できたころにマルチブラケット(歯の表面に金具を貼り付ける装置)を使って、よい歯並び、咬み合わせにします。あごの大きさによっては永久歯を何本か抜かなければならないこともあります。
治療期間はおよそ1~3年かかります。
歯に貼りつけるブラケットは金属のもの(メタルブラケット)の他、目立ちにくい歯の色(セラミックブラケット)にすることもできます。最近はほとんどの方がこちらを選択されます。

メタルブラケット

メタルブラケット



セラミックブラケット

セラミックブラケット

ブラケットを歯の裏側にはりつけて行う舌側矯正は当院では部分矯正にのみで、治療期間が長くなる等の理由から全顎治療には行っておりません。
また、歯がきれいに並んだら矯正装置をはずし、代わりに後戻りを防ぐ装置(保定装置)をつけます。
保定装置を使う期間は、矯正装置で歯を動かすのと同じくらいの期間になります。

マウスピース矯正(インビザライン)

invisalign気付かれない矯正、インビザライン

インビザラインとは、全世界で約120万人以上の患者さんが使っている、透明な装置を使った矯正治療です。金属のワイヤーを使用しないので、付けているのがほとんどわかりません。
また、普通に会話ができ、喋りやすく、痛みがほとんどありません。

インビザラインは「アライナー」という、透明のマウスピースのような装置を使用した矯正法です。
すぎもと歯科で作成した患者様の歯の印象データは、アメリカのシリコンバレーにあるアライン社に転送され専門のクルーによって3D解析を行い、理想的な一人ひとりオリジナルのアライナーが作成されます。
一年分まとめて届いたアライナーを約2週間ごとにあたらしいものに交換し、少しずつ歯を移動させ理想の笑顔に近づけます。
受診のたびに、治療の進行状況を確認し、インビザライン・アライナーを受け取ります。
自分での取り外しが可能ですので、食生活もこれまで通り変わりなくできます。
歯磨きやフロスにも全く影響がないので、歯とお口の中をこれまで通り健康に保つ事ができます。

透明な装置なので全く目立たなく、自分で簡単に取り外し可能なので、食生活も制限無く、歯磨きも今までどおりという、矯正の革命とも言えるインビザラインですが、一日22時間の装着が必要で、症例も限られますので、一度ご相談ください。

治療方法_invisalign

インプラント矯正

「より短期間に治療を終わらせたい!」という方には、インプラント矯正をオススメしています。
歯を動かす時には、従来は歯と歯を引張っこさせていたため、どうしても動かしたくない歯まで動いてしまう、というデメリットがありました。
矯正用の小さなスクリュー(ミニインプラント)を使い、それを固定源とすることで、動かしたい歯だけをより確実に動かし、治療を効率的に進めることが可能になりました。結果として治療期間を短縮できる画期的な矯正方法です。
歯ぐきに入れるスクリューは、数ミリしかない小さなピンのようなもので、麻酔を使用し埋入するので痛みはほとんどありません。インプラントは矯正終了後、除去します。

インプラント矯正

インプラント矯正



スクリュー(ミニインプラント)

スクリュー/ミニインプラント

インプラント矯正では、これまで実現が難しかった歯の移動が可能になり、より精度の高い治療結果を得ることもできるといったメリットもあります。

部分矯正(プチ矯正)

歯の一部分のみ矯正器具をつけて、歯のがたがたを治したり、根っこだけになってしまった歯を引っ張り出したり、倒れている歯を起こしたりします。
治療期間は1~2年くらい、簡単なものであれば5~6ヶ月で終わることもあります。

奥歯のみでしたら全く気づかれずに矯正することができます。
「これくらい…」と思っていないで、お気軽にご相談ください。
歯が磨きやすくなり、虫歯予防、歯周病予防になります。

部分矯正

部分矯正

部分矯正

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

診療時間

午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土曜午後は2:00~4:30)

休診日

木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

第1、第2駐車場16台あり

アクセスマップ・地図

すぎもと歯科関連サイト

スタッフブログ

トップへ戻る