よくあるご質問

小児歯科矯正へのご質問

矯正治療を始める年齢は?

7歳までには歯並びのチェックを受けることをおすすめします。歯並びの症状により乳歯列頃または永久歯が生え始める6歳頃から始める場合、永久歯が生えそろった12~13歳頃から治療したほうが良い場合など、ケースによって違ってきます。受け口(反対咬合)の治療には、3歳頃から始められる装置(ムーシールド)もあります。治療期間や治療方法などは、その症状や患者様の希望によりひとりひとり違ってきます。歯並びや咬み合わせが気になる方は、なるべく早めにご相談ください。

小児矯正は痛いの?

矯正装置を装着したり調整をした後2~3日、違和感や痛みを感じることがありますが、小児期のお子さんは成人より骨自体が柔らかいことなどから違和感や痛みも軽度のことが多いので、あまり心配ありません。
もちろん、全く痛みはないというお子さんも多数いらっしゃいます。

小児矯正はどんな装置を入れるの?

小児の矯正装置は主に、自分で取り外しのできる矯正装置を用いて治療をします。歯並びの状態によっては永久歯の一部にワイヤーを用いることもまれにはありますが、いずれにしても子どもにとって負担の少ない装置を用いての治療となります。

小児矯正の治療期間はどのくらいかかるの?

小児矯正治療をスタートする時期や歯並びの状態などにより、期間に大きく違いが出ます。一般的に小児矯正は、乳歯から永久歯に生え変わるまでの治療をいいます。永久歯列に変わるのが平均12歳くらいですので、それまでの期間ということになります。その後引き続き治療が必要な場合は、成人(本格)矯正治療へと進みます。

小児矯正で永久歯を抜くことはあるの?

小児矯正治療では、あごの成長を促進させ永久歯の生えてくるスペースを確保する治療がメインとなります。ですから小児矯正治療の目標は「永久歯を抜かない」ことが第一目標です。
ただし、歯列不正が非常に重篤な場合、どうしても小児矯正治療だけでは対応が困難な場合など、抜歯が必要になってしまうこともまれですがあります。

小児矯正中、歯磨きはできるの?

小児矯正は主に取り外しできる装置を使って治療を行いますので、食事も歯磨きも何の問題もありません。しかし、矯正治療を始めるお子さんは歯並びが良くないために歯磨きが難しい状態ですので、すぎもと歯科では、矯正治療と平行して定期的なフッ素塗布や歯磨き指導など、虫歯予防処置も行っていきます。

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

診療時間

午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土曜午後は2:00~4:30)

休診日

木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

第1、第2駐車場16台あり

アクセスマップ・地図

すぎもと歯科関連サイト

スタッフブログ

トップへ戻る