矯正ブログ

スタッフの歯列矯正ブログ 目指せ!口元美人

矯正中の上手な歯磨きのために

皆さんこんにちは!すぎもと歯科・受付の水野です✨
9月も半ばになり、少しずつ朝や夜が涼しくなってきましたが、昼間の暑さとの気温差で体調を崩しやすいので気をつけてくださいね😃

さて今回は、2度目の装置の調整を行なって頂きました。前回から約1ヶ月ほど経ちました。
前回ワイヤーを通してから1週間程はじわじわとした痛みがありましたが、少しずつ慣れてきて1ヶ月経つ頃にはほとんど痛みがなくなっていました!
1ヶ月ごとで定期的に調整を行なっていくので、調整直後の痛みが出たり・慣れてきて痛みが減ってきたりというのを繰り返していくとのことです。

また、今回はブラケット装置が付いている歯の歯磨き方法について、衛生士さんから教えて頂きました✨
通常の歯ブラシですと装置が付いている歯を磨く際に隙間ができてしまい、ブラシが当たりにくい部分がどうしても磨き残しとなってしまいます💦
そこですすめて頂いたのがワンタフトという歯ブラシです!
少量のブラシと尖っている先端が特徴で磨きにくい部分にもしっかり当たります✨

それと歯間ブラシもワイヤーの下に入れてお掃除するのにオススメです!

ブラケット装置はワイヤーの隙間や部品の周りに汚れが溜まりやすいですが、ワンタフトも歯間ブラシも細かい部分まで掃除することができました⭐
すぎもと歯科では、矯正装置の歯磨き方法について動画を用いて説明を行なったり、ワンタフトなどを使って実際に練習してみたりと、とても分かりやすい歯磨き指導を行なっております😃
歯磨きについて不安がある方や気になる方は、ぜひ一緒に練習してみましょう♫
歯ブラシは受付で取り扱っていますので、お気軽に声をかけて下さい。
私も正しい歯磨きを続けて、歯の健康を保っていきます✨

装置をつけました!

皆さんこんちには!すぎもと歯科受付・水野です
8月も半ば、すぎもと歯科も明日から15日(水)までお盆休みとさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
皆さんはお盆休みはどのように過ごされますか?
帰省されたりお出かけされる方も多いと思いますが、食事の機会が増えることが多いので、小まめに歯磨きをして健康な歯を保ってくださいね。

さて、今日は上の歯全体にワイヤー状の金具、ブラケット装置をつけていただきました!
ブラケット装置とは歯1本ずつにブラケットという部品を取り付け、部品にワイヤーを通している装置です。多くの症例に対応していて効率よく、確実に歯列を整えられるものです!

『矯正装置』と聞くと、このブラケット装置を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
当院のブラケット装置は金属でできているメタルブラケットと、歯と似た白色のセラミックブラケットがあります。
私は目立ちにくいセラミックブラケットをつけていただきました!

施術中、つけた直後は特に痛みは感じませんでした、けれど 装置が付いている分 歯に厚みが出るので、唇が閉じにくい、などの違和感はありました(>_<).
しかし、.時間とともに慣れてくるそうです.

数時間経つと少しずつ痛みが出始めてきました 強い痛みではなくじわじわ…と痛む感じです。
痛みがあるということは歯が動いているということなので、前向きに考えてがんばれそうです
痛みは個人差があるそうですがどうしても痛いなら鎮痛剤を飲んでも大丈夫だそうです。時間とともに痛みも減ってくるとのことです。

これからは1ヶ月に1度のペースで装置の調整をしていただき、長期的に歯列を整えていくので、日々の過ごし方など皆さんにお伝えしていけたらなと思います

抜歯を行いました。

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科受付・水野です✨
前回奥歯を金具で固定したので、今回はいよいよ抜歯を行います!

子供の頃グラグラになった乳歯を抜いた経験はありますが、グラグラしていない健康な歯を抜く、というのは初めでとっても不安です😢
なぜ抜歯を行うかというと、顎が小さくスペースがないために大きく乱れている歯列・・それを治すために抜歯をしてスペースを作り、ブラケット装置で歯をきれいに並べて整えることで、短期的に矯正をすることが可能になるからです✨

お子さんの場合には、体の成長と共に顎も成長途中のため、顎を広げる装置を着けることで顎にスペースができ、歯を抜かずにきれいに並べることが可能になります。(床矯正と呼ばれるものです)
歯を抜かなくて済む・・これが、子供の時から矯正を始める大きなメリットです。

残念ながら成長の止まっている私は、上下左右の計4本、前から5番目の歯を抜くことになりました(´・ω・`)
通常は4番目か5番目のどちらかを抜歯するそうですが、私の場合5番目の方が治療した歯が多かったため5番目になりました。
右側の上下の2本 そして左側の上下2本と、噛むところを確保するために2回に分けて抜歯しました。
麻酔が効くまであっという間でした!麻酔が効いているため抜歯の痛みはありませんでした!抜いた後は出血があるのでガーゼをよく噛んで30分程止血をしました。麻酔が切れると痛みが出てくるとのことだったので、切れる頃を見計らってあらかじめ鎮痛剤も飲みました。
しばらくは少量の出血がありましたが徐々に収まり、特に問題はありませんでした😀

初めは不安だった抜歯ですが、大きな痛みも出血もなくすんだのでとても安心しました✨
無事に4本の抜歯が済んだので、次は奥歯を動かす金具の装着になるそうです。

準備のための装置が入りました。

皆さんこんにちは!江南市すぎもと歯科・受付の水野です✨

前回奥歯に十分な隙間ができたので、今回は奥歯にかぶせる金具をつけました!
金具は、上顎の裏を抑えるプラスチック部品から左右に金具が伸びていて、金具の先が奥歯にかぶさる形をしています。金具をつけるときに痛みはありませんでした!

上顎にプラスチック部品が付くので、話すときに違和感がありますが、時間とともに慣れてきます。
頬側に金具の部品が付いているので頬裏が引っかかりやすくなるかもしれない、と言われましたが今のところは特に問題ないです!

初めて口の中に金具をつけたので慣れないうちは違和感がありますが、痛みもなく自分の口にフィットしているのですぐに慣れそうです✨

奥歯を固定したのでいよいよ「抜歯」をして本格的に矯正装置を付ける準備をしていくことになります😀

セパレーターを付けました!

みなさんこんにちは!江南市すぎもと歯科・受付の水野です✨
奥歯を軸にして他の歯を動かすために奥歯を固定する金具(バンドのような金具)を、入れるための準備をしました。

奥歯は隙間なくぴったりと生えているためバンドをつける隙間がありません。💦そのために今回は、奥歯の隙間を作るために薄いゴム状の輪っか(セパレーターといいます)をはめてもらいました!
つけた場所は奥から2番目、前歯から数えて6番目の歯の前後になります。

歯の間に挟むので初めはかなり違和感を感じました😅着けてから3日ほどは違和感があり、食事中噛むと少し痛みがありました。けれど1週間程たつと慣れてきました。
この間にも少しずつ歯が動いていたので、奥歯の噛み合わせが少し変わりびっくりしました😲

2週間程つけて、一度院長にチェックを受けてから さらに2週間程たちました。十分に隙間ができたのでいよいよ次は歯にはめる金具をつけていただきます!!

「矯正説明」をうけました!

みなさんこんにちは!江南市すぎもと歯科・受付の水野です
いよいよ暑くなってきましたね 体調管理に気をつけて暑い夏に負けないようにしましょう!!

先日のお口全体のレントゲン撮影 ・顔写真の撮影 ・口腔内写真の撮影 ・模型印象 などによる矯正検査の結果をふまえて、院長から結果説明をうけましたので  「矯正説明」についてお話しします。

矯正説明とは、検査の結果を元に現在の自分の口腔内の状況や必要な矯正装置、矯正の流れや料金について矯正医から説明されることです。
前回の矯正検査のときに、歯全体の型取りをして口の模型を作成していただきました
模型を見てみると前回のブログでもお話した通り、上下の前歯が大きく飛び出ている、または後ろに引っ込んでいる状態でした
奥歯は大きい乱れはありませんでした。

矯正の流れとしては、大きく4つ説明されました。
まず1つ目は奥歯に軸となる金具を装着し固定すること。
2つ目は上下左右の歯を1本ずつ、計4本を抜歯すること。
3つ目は奥歯を軸にして真ん中の歯までを後ろに動かすこと。
4つ目は前歯に金具を装着して整えること、    の以上4点でした

私の場合は前歯の歯並びが大きく乱れているので、2段階で金具をつける必要があるとのことでした

奥歯の金具を入れてから、全体的に歯並びが綺麗になるまで大体3年程必要とのことです。
また歯並びが整い、金具が取れてからも後戻りを防ぐために保定期間というものがあり、こちらも同じく3年程必要だそうです。

道のりは長く感じますが、一つ一つ丁寧に説明してもらえたのでとても納得することができました!
次回は流れの1つ目である、奥歯を固定する金具について説明していきます

「矯正検査」を行いました!

皆さん、こんにちは!
愛知県江南市すぎもと歯科・受付の水野です

今日は「矯正検査」についてお話しします。
矯正検査とは、具体的にどのような方法で歯列矯正を行うかを調べるために、自分の歯並びや歯の健康状態を検査することですshineすぎもと歯科では、検査のための資料となる、X-線撮影は矯正医がおこないますが、そのほかの口腔内の写真撮影や顔貌写真撮影は、歯科衛生士が行います。
まず、ご来院して頂いたら問診票を記入して頂きます。問診表を記入したらいよいよ検査です

検査内容は主に4つあります。
お口全体のレントゲン撮影 顔写真の撮影 口腔内写真の撮影 模型印象です。

レントゲン撮影では、正面からの方向と真横からの方向から撮影します。
レントゲンを撮ることで骨の形や埋まっている歯、さらには虫歯なども確認することができます。
私は上下の口の骨が通常より前に出ているとのことでしたbearing上の歯が下の歯に覆いかぶさる形で出ているので目立ちにくいですが、下の歯も出ているそうですbearing

顔写真では、正面や真横、斜めなど様々な角度から写真を撮り、顔全体と口のバランスを確認します。
閉口した状態、笑顔の状態、と表情も変えて撮るのですが、閉口した時に前歯が微妙にのぞいていました。
自分では閉じられているつもりでも案外見えているとわかり驚きでしたsweat01

口腔内写真では唇を引っ張り、歯茎の根元から口腔内を撮影します。唇を引っ張る、と聞くと痛いのではと思われるかもしれませんが、歯科衛生士さんがゆっくり丁寧に行ってくれますので痛みなどは感じませんでしたconfident

模型印象では、お口の型どりをします。虫歯で詰め物をした際、その部分を型どりした経験はありましたが、口全体の型どりは初めてでした。
こちらも歯科衛生士さんが丁寧に、苦しくないですかと確認しながら行ってくださいましたので、上下ともスムーズに型どりをして頂きましたshine

以上までで検査時間が大体30分程かかりました。3週間ほどして検査結果が出たらいよいよ矯正説明へと進み!
どんな矯正方法になるのか、とても楽しみですheart04

「矯正相談」を受けて・・★

皆さん、こんにちは!江南市 すぎもと歯科の受付・水野です😊
梅雨に入り、曇りや雨の日が続いていますね☔気温の変化が激しいので、体調管理に気をつけて体調を崩さないようにしましょう

さて矯正の方ですが、今日は「矯正相談」についてお話します。
「矯正相談」とは、院長がお口全体を診て歯列矯正の必要性や全体的な流れなどを話したり、歯列矯正について知りたいことや不安に思っていることなどを質問する場です😀
私もまずは、矯正相談の時間を作っていただき、歯並び全体を診て頂きました✨

そして今何が気になって、矯正を始めたいと思っているか?を聞いていただきました。
そのことが矯正治療をすることによって治るのかどうか?
だいたいどのくらいの時間かかるのか?
どんな装置になるのか?
受付という仕事に支障はないのか? などなど・・・

その一つ一つに丁寧に答えていただき、不安はかなり少なくなりました。

私は上下の前歯の歯並びがガタガタしているのですが、原因は前歯が大きいことで顎に収まりきっていないということでした💦
歯並びを整えるためには抜歯をして隙間を作り、歯の位置を動かす必要があること😮
また大人の歯は動かすことが難しいので、ブラケット装置という金具の装置を長期間付けて徐々に整えていくとのことでした。

装置の種類についてはこの矯正サイト「治療の方法」のページに載っていますので、ぜひご覧ください🤗✨

そして、矯正治療を始めよう!と決心することができました。

えっ!大人でも矯正できるの?

こんにちは!江南市すぎもと歯科・受付の水野です。
すぎもと歯科で働かせていただくようになって、まず思ったことが「大人の方でも矯正を始められるんだ!」ということでした。
それまでは、矯正治療というと お子さんがするもので、大人になるまでにキレイな歯並びにする方がほとんどだと思っていました。
しかし、すぎもと歯科にも、私と同年代の方からもっと上の方まで、大人の方が多く通われていることを知り、とても驚きました。

そのことをきっかけに「私も矯正をしてキレイな歯並びになりたい」という気持ちが日に日に強くなりました。
初めての矯正・・不安なこともありますが、憧れだったキレイな歯並びのために一生懸命がんばっていこうと決意しました。

歯はコンプレックス・・・

こんにちは、江南市すぎもと歯科・受付の水野です。
皆さんは自分の歯並びについて、どんな印象をお持ちですか?

私は・・・今の自分の歯歯 デコメ絵文字 とってもコンプレックスですなみだ デコメ絵文字
私の歯並びは、上の前歯2本が大きく前に飛び出ています。また、下の前から2番目の歯、左右2本ともが、後ろに引っ込んでいる状態です。
正面からだとわかりにくいと言われますが、横から見ると明らかに歯並びの悪さが分かります。

写真などを見たときなどは、「えっ!自分の歯並びってこんなに目立つの!?」と、とてもビックリします。
小さい頃からの悩みでしたが、なかなか矯正するきっかけもないまま、大人になりましたびっくり デコメ絵文字

ブログをはじめます!

皆さんこんにちは、愛知県江南市にあります すぎもと歯科・受付の水野です。
今月から矯正治療を始めることになりました。
「矯正治療」について、実際に治療を受けることで分かることや思うことなど、このブログで綴って行こうと思いますので、よろしくお願いいたしますハート デコメ絵文字
   


 

すぎもと歯科

Tel.0587-54-0348

〒483-8334 愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290

院長 : 杉本 英之

初めての方、急患は予約外でも受けていますが
歯科医師・スタッフの都合もありますので必ず
お電話の上ご来院ください

周辺地図

すぎもと歯科 外観

  時間帯
午前 9:00~12:00
午後 3:00~6:30

休診日 木曜・日曜・祝日 祝日のある週の木曜日は診療
土曜日の午後は2:00~4:30

はじめての方・矯正相談は必ずお電話の上ご来院ください。

すぎもと歯科

〒483-8334
愛知県江南市前飛保町緑ヶ丘290
TEL:0587-54-0348

診療時間

午前 9:00~12:00
午後 3:00~ 6:30
(土曜午後は2:00~4:30)

休診日

木曜・日曜・祝日
(祝日のある週は木曜も診療)

第1、第2、第3駐車場20台あり

アクセスマップ・地図

すぎもと歯科関連サイト

スタッフブログ

トップへ戻る